アスタキサンチン

美白・美肌だけでなくアンチエイジングや抗酸化作用に必ず登場する成分。アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは、魚介類(鮭、イクラ、エビ・カニなど)の赤い色素のことで、カロチノイドの一種です。アスタキサンチンは、肌荒れ、シミ、そばかすを抑制し、美白・美肌に効力があるといわれています。

アスタキサンチンとビタミンA

アスタキサンチンは、一部が体内でビタミンAへ変化することが知られています。これにより本来のアスタキサンチンの作用とともに、ビタミンAとしての美容効果も期待できますね。

アスタキサンチンの優れた抗酸化作用

アスタキサンチンは美白・美肌を促進させる抗酸化作用をもつ物質として、以前から注目されてましたね。アスタキサンチンは、βカロチンの10倍、ビタミンEの1000倍近い抗酸化力を持つなんていわれているの。

抗酸化作用を抑制しないと、肌の色素沈着(シミとか)やメラニン生成が進んでしまうから、どんどん老けちゃうね。どんなに防いでいても、多少なりとも紫外線は浴びちゃうから、身体の中からケアーしたいです。私は食べ物から摂取するようにしているんですけど、最近はサプリメントや化粧品にも含まれていること多いですね。

食べ物と言いましても、一時はヘマトコッカス藻を直接食べることはできないかしら?って思ったのですが、マトコッカス藻~抽出したサプリメントはありますけど、食品はないみたい。そこでマトコッカス藻を食べて育った鮭、イクラ、エビ・カニなどの魚介類から摂取することにしました。

あと、アスタキサンチンは痴呆症や動脈硬化、糖尿病などの予防、改善にも期待できちゃうみたい。医学的にどの程度の効果があるのかは分かりませんが、あくまでも予防の範囲に留めておくようにしておいたほうが良いと私は思います。アスタキサンチンだけ食べれば良いのではなくて食事のバランスも必要だし、病気になったら病院へ行くのが一番だし。

一日の摂取量

アスタキサンチンを毎日摂取したいけど、一日の摂取量が気になりますね。仮に食べ物だけで補うとすると、結構な量なんですよ。一日の摂取量が5~7mgとのことですが、これ鮭に置き換えると切り身2つ分(刺身2切れではなくて、焼き魚とかにする手のひら大の切り身2つ)、イクラは小さじ30杯分ほど。

実験室で私が直接確認したわけではないので、成分比率の真相は分かりませんが、私はあまり一日の摂取量にこだわらず、普段の食生活からこまめに摂取すれば良いのかなぁ~と気楽に考えています。

関連記事

魚介類 - 食べ物はいろいろありますが、お肌に良いとされる魚介類をピックアップ。美肌・美白の方法は日々の食生活から、レシビ(というか食材??)の参考にお使いくださいねー。

プラセンタ注射 - 高額だけど、美容外科で美肌になる方法として、よく耳にするプラセンタ注射って、どうなのでしょうか?注意点は?

麦プラセンタ - スキンケアで使っている人が多いプラセンタ。麦プラセンタって知ってますか?

コウジ酸 - 化粧品に配合されているコウジ酸ですが、これってやばくない?

黒胡椒牛乳 - 乾燥肌に良いといわれている黒胡椒牛乳。テレビでやっていたので試して見ました。

にがり - にがりって本当にお肌がツルツルになるの?にがりでスキンケアをするときの注意点は?

アルブチン - 化粧品の成分でよく見かけるアルブチン。アルブチンって本当にお肌にいいの?使う上での注意点はあるのかしら?

エラグ酸 - 美白・美肌に良いといわれているエラグ酸という成分について。昔からいろいろ注目されているけれど注意点はないのかしら?

ハイドロキノン (ヒドロキノン) - 美白といえば、ハイドロキノン (ヒドロキノン)というほど有名な成分。注意点はないのかしら?やっぱりお医者さんに見てもらったほうがいいのかな?って気がします。

コラーゲン - 美白・美肌に良いとされるコラーゲンという成分について。コラーゲンを選ぶコツは?お安くコラーゲンを食べちゃおうって感じ。

カテゴリ

成分

美白・美肌に関する成分についての話題です。

食べ物

美白・美肌に関する食べ物の話題です。食材やレシビの参考にも。

ドリンク

美白・美肌に関する飲み物に関する話題です。レシビの参考にも。

コラム

美白・美肌のコラムです。あなたの美肌・美白ライフに役立つことが出来たらいいな。

注目記事

にがり

カルシウム

ビタミンC ビタミンE

プロフィール

Miyuu(美結)

お母さんになりました。
美肌・美白を一生維持します。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加